2017/02/13

エレクショナル


エレクショナルとは、トランジットの星の配置や今いる場所で、何かを始めるのに最適な日時を模索するためのものです。



エレクショナルをするときのルールとして、


  • ボイドタイムを避ける
  • 天体の逆行時期を避ける(できればその前後も)
  • Ascのルーラーのアスペクトを考慮する
  • 太陽-月のアスペクトを考慮する(満ちている月を使う)
  • 接近の月が良いアスペクトを取るものを探す
  • 月のディグニティを考慮する
  • ベネフィック天体を地平線より上に持ってくる
  • マレフィック天体がアングルに重ならないようにする
  • Ascやライツ、アングルの度数は各サインの初期度数をなるべく避ける
  • マレフィックはなるべくケーデントハウスに入れる
  • 時期によって重いハードアスペクトが避けられないときは分離していくタイミングを取る


などが挙げられます。



勿論、これらは基本的な指針であって、エレクショナルする事柄や事情によっては、
上記のルールを飛び越える必要が出てくることもあります。

加えて、出生図など個人のデータを重ね合わせて総合的に判断するため、これらを全てカバーする星回りを探すのはほぼ不可能と言えるかもしれません。
ですが、その限られた期間の中で一番良い日時を見つけることが大切だと思っています。



私の場合、2017年の年明けからブログを始めようと思い、昨年の初冬から良い日時を探していたのですが、


  • 2016年12月19日~2017年1月8日にかけてのt水星逆行
  • 山羊座進行中のt太陽が牡羊座t天王星-天秤座t木星とTスクエアを形成中
  • Tスクエアが解除された1月17日、乙女座に入ったt月が私のn土星とコンジャンクション、魚座t海王星-金星-火星とオポジション
  • その後、t月がt土星・t水星とオポジション
  • そうこうしているうちにt月が射手座に移り、射手座を進行中のt土星や、魚座を進行中のt海王星群とスクエア


といった星回りで、うーんと考え込んでしまったのです。



ここでひとつお伝えしておきたいのは、「エレクショナルと出生図は違う」ということです。

この場合あくまで「ブログを始めるのに最適な日時を選ぶためのエレクショナル」ですから、
例えばこれが会社を立ち上げるときや引っ越しするときなどのものであったならば、また違った視点で模索しなければならないのです。
ですから、単純に「出生図にハードアスペクトがあるからダメなんだ…」とか「出生図でベネフィックが地平線より下にあるからダメなんだ…」というわけではありません。

というのも以前、友人に恋愛に関するエレクショナルを頼まれた際、金星逆行中の期間を避けた私を見て、
出生図に金星逆行を持つ彼女をひどく落ち込ませてしまったことがあったのです。「私、もしかしてマズイ時に生まれちゃった?だから恋愛に縁が薄いのかな?」と。

出生図には出生図の観点があり、どんな出生図にも良いところが必ず、たくさんあります。
例えばハードアスペクトがあったとしても、出生図だとそれが人生の中での強い底力とバネにつながっていくわけですし、
金星が逆行していたとしても恋愛運が悪いというわけではありません。そもそも出生図とエレクショナルとは、観点や考え方が違うということをお伝えしたかったのです。



そういうわけで、「ブログを始めるという観点だけで考えたときに」、うーんと悩んでしまったのですが、いくつか候補日時を決めてみました。

2017/01/14 16:45 埼玉県
候補日時の中のひとつです。

2室獅子座の月が天王星を頂点とした土星-水星とのグランドトラインを組み、
カルミネートした天王星-木星がつらぬくカイトを形成しています。
圧倒的な推進力を得られそうな配置です。

水星がノー・アスペクト。ルーラーは3室と12室に流れており、ブログを書くには良い位置かと思われます。

9室の火星-金星-海王星は火星のみ土星とのスクエアがあり、
あとの2つはノー・アスペクトですが、純粋に占星術の勉強に打ち込めそうです。


月の状態が良いため、Ascを月のルーラーである蟹座後半度数に設定してみました。

気になるのは太陽-冥王星コンジャンクションのハウスの位置とアスペクト。
天王星-木星とのTスクエアは、ブログという観点ではパワーが強すぎる感じがしてしまいます。

かといって時間を動かしてAscを獅子座にするのは、太陽の状態から見て避けたいですし、Ascを乙女座まで持ってくると太陽が地平線下になってしまいます。
惜しいけれど、他に良い日時はないかと、また検証を始めることにしました。



このエレクショナルの記事は次回に続きます。

0 件のコメント:

コメントを投稿