2017/02/14

エレクショナル②


前回の記事の続きです。

エレクショナルをする際には、「希望するイメージ」を明確にしておくと良いと思います。
例えばお店を開くなら、どんな雰囲気のお店にしたいのか、どのようなお客さまに来てもらいたいのかなど、イメージによってハウス、サイン、アングルなどが選びやすくなるからです。


私が自分のブログや占星術の活動をするにあたって目標としていたイメージは「地道に長く続けていきたい」、「ホロスコープからそれぞれが持つ可能性を見つけ出して、伝える活動をしていきたい」、という2点でした。

「完璧なエレクショナル」は難しいと分かってはいたものの、2017年1月中の候補日時にはしっくりくるものがなく、他の時期も検討してみることにしたのです。



二転三転しつつ、決めたのがこの日時でした。


2017/02/11 12:04 埼玉県
グランドセクスタイルの1角が欠けた、いわゆる「ホームベース」型。

満月と木星-天王星がそれぞれつらぬくカイトが重なり、レクタングルも含まれているため常にフル回転しているような勢いを感じます。

ホームベースの頂点の土星は、出生図にノー・アスペクトの土星を持つ私にとって、
「慎重に、計画を立ててコツコツ続けていきたい」という目標を後押ししてくれるようで気に入っています。

また、この時の私のp太陽が双子座24度に位置しているため、これらを重ね合わせると風と火のグランドセクスタイルが出来上がります。これも象徴的に思えて気に入った要素のひとつです。


ブログらしくAscを双子座に設定し、ルーラーの9室水瓶座水星も11室牡羊座火星-金星とセクスタイル。占星術の勉強もより深く進められそうです。
木星が逆行中なのは、まぁ、仕方ないかな…。



ちなみに出生図だと、「ホームベース型」は1角が欠けているからこその不安定さも生み出します。
トランジットやプログレス、ソーラーアークなどでその1角を通過した天体によってその都度、意味合いの違うグランドセクスタイルが出来上がるからです。
何も天体のない空白期間があるからこそ、通過したときのインパクトがその分大きいとも言えます。

グランドセクスタイルはある意味「縛り」とも言え、何か大きなものの意志に動かされるように役割を果たすことを求められると言われています。
恵まれたアスペクトだからこそ、自分を強く律する心が必要です。
「ホームベース型」を出生図に持つ方は、一生のうち天体が通過するたびに、様々違った形での「大きなものの意志=縛り」を経験することになるのだと思います。



お話が少し脱線してしまいましたが、エレクショナル図としては良い日を選ぶことができたように思います。
星々が味方してくれるように頑張ろう!と決意を新たにしているところです。
前回の記事と併せ、エレクショナルをする際の、ほんの少しでもご参考になれば嬉しいです。

0 件のコメント:

コメントを投稿