2017/11/14

火星-冥王星のアスペクトについて


先日、実母が入院したという報せを受けました。三半規管の乱れによる目まいや吐き気の症状によるものということだそうですが、大事には至らず、1週間ほどで退院できるとのことでホッとしました。

実父の話によると、2人で旅行に出掛けて山歩きなどして日曜日の夜に帰宅したそうなのですが、月曜日と水曜日は友達とプールに出掛けて10km泳ぎ、火曜日と木曜日は山仲間と25kmウォーキングをし、金曜日は体操教室に出掛けて4時間運動したそうで、週末になって不調を訴えたとのことでした。
「俺だって旅行から帰ってきたときは1週間身体を休めてコントロールするのに、まったく」とトライアスロン歴が長い、蠍座火星-蟹座天王星のトラインを持つ父はこぼしていましたが、実は母がこういったことで入院するのは初めてではないのです。

2017/10/24

土星-天王星のアスペクトについて


ここ2年ほど、遺跡から発掘された遺物を復元するアルバイトをしています。
当時どのような人達が住んでいたのか、その土地にどのような歴史があったのかを調査して、報告書としてまとめるために必要な作業のお手伝いをしているわけです。

2017/10/12

〈番外編〉リロケーションの旅 ~アストロ・マップ・ワーク


今回の記事は〈番外編〉となります。もしよろしければ、お付き合い頂けると嬉しいです。

8月末、占いに興味の無い夫が、どこで知ったのか突然「仕事運が上がる土地に行きたい」と言い出しました。

2017/10/03

4ハウスについて


4室のナチュラル・ハウスは蟹座です。一般的に、家庭の状況・両親・故郷などの「基盤」を表します。

4室(蟹座)に至る、1室(牡羊座)から3室(双子座)までの流れを大まかに示すと、

  • 自分自身をこの世に押し出す(1室:牡羊座/活動宮/火/支配星:火星)
  • 確かな感覚を得た上で自己価値を高める(2室:牡牛座/固定宮/土/支配星:金星)
  • 外部からの刺激を得て知性を発達させる(3室:双子座/柔軟宮/風/支配星:水星)

といった「個人」としての能力を育成していく流れと言えますが、そういった取り組みができるのは、4室という「基盤」があるからこそだとも言えます。

最も小さな単位である「家族」から始まり、地域、国、果ては地球という「集団的」な地盤の風土(4室)に自分自身をうまく適応させられるよう試行錯誤することによって、上記の3点――「個人の能力」が発達していくからです。

2017/09/12

IC(イムン・コエリ)について ~家系(ルーツ)の影響


ICとは、黄道と子午線の最北の交点を指し、ラテン語でイムン・コエリ(Imum Coeli)――天の底、もとい"北中(点)"と呼ばれる感受点です。出生図上では4室のはじまり(カスプ)にあたります。

4室は一般的に「家庭」などの象意を示しますが、"底"にあるICは最も私的な部分と言われ、家庭など目に見える部分よりもっと深い、両親からの継承・家系のルーツ、生まれた国の伝統・風土の影響までも表すとされています。

ですからICは一見、最も「底」であり、家族や個人という地球上で最も小さな単位を示す場所であるにも関わらず、ある意味非常に大きく開かれた場所であるとも言えます。
それは、地上を表すポイントである"アングル"(Asc・MC・Dec・IC)が全て、宇宙からの圧倒的な影響をはらんでいる"黄道"と交わる場所だからです。
そういう意味で、"アングル"にトランジットなどで天体が重なるとき、宇宙からの影響と地上の事象とが混在して、大きな変化を引き起こすのは必然と言えます。


2017/08/31

新月・満月・蝕について


ひとつの情報を何度もかみしめたい(?)牡牛座の私にとって、3月から始めたツイッターの情報のスピードの早さにはいまだになかなか着いて行けないのですが、最近は、新月時・満月時にその時々の配置について、少しだけ書くようになりました。
140字でしか投稿できないので、なるべく多くの情報を入れられるよう工夫はしているつもりなのですが、どうしてもざっくりとした解釈に終始してしまっている感があります。
フォローして下さっている方、いつもありがとうございます。感謝しています。

毎月やってくる新月・満月なので、私を含め、慣れてしまっていてなかなか意識できない面があると思うのですが、実は少なからず影響が大きい天体イベントなのです。

2017/08/13

金星-海王星のアスペクトについて


金星は快楽や嗜好、感性や美意識、人間関係など司る天体です。
金星のサインやハウスによって違いが出てきますが、その金星に海王星がアスペクトを形成すると、個人的な趣味嗜好の領域を超えていくようなニュアンスを帯びてきます。