2021/07/25

135度について


ロゴの操り糸も
「8」的です
皆さまはどんな世界観を持つ作品がお好きですか?

私はジャンルに関係なく、占星術で言えば8ハウス-蠍座-冥王星的な人間ドラマ――ベタですが、例えば映画”The Godfather”のような作品が好きです。

8という数字が表す世界観には独特の閉鎖性と重苦しさ・息苦しさがあります。
何らかの原因によって溜めに溜め込み熟成させた思いを、さらに局地的に凝縮させる性質があるからです。
同時に、熟成するまでじっと待つ忍耐力を兼ね備えているとも言えます。

その強く圧縮された思いは岩をも通すような集中的な力、極限を突破しようと邁進する大きな力になりますが、時に人を支配・掌握し、ひざまづかせ、有無を言わせず屈服させる力にもなるのです。


2021/05/31

《ミニ》「長いもの側」にならないために ~「風の時代」の天王星意識


自由を選択したはずなのに?
自宅がコンビニすら無い田舎にあるからなのか、この令和の時代、いまだにミニ暴走族?のような若者が近所にたむろしています(^o^;)

と言っても、めいめいがピンクやら青やらの髪色にして、小さなバイクをふかして多少の音を立てている程度。普段はおとなしく輪になって話しているのです。
しかし時々派手な格好をした先輩らしき人が来ると、一斉に立ち上がって頭を下げて挨拶したり飲み物を差し出したりしています。

秩序の厳しい家庭や学校から脱出し、しがらみの無い自由な場所で反発したり主張したりしているようでいて、実は暴走族仲間の秩序に溶け込み、同化し、先輩に頭を下げている。

また彼ら以上に自由を求めているであろう派手な先輩も、後輩を自分の秩序下に置き、頭を下げさせたり、従わせたりしている――昔からよくある構図ですよね。

2021/03/22

《ミニ》自分を占う / 周囲を占う ~「客観」の難しさ


「桐吉さんは自分を占うことがありますか?」とよく訊かれるのですが、「めっちゃ占ってます」。

占いは命術・卜術・相術
大きく3種類に分かれます
と言っても私自身、個人的に「占う」という言葉自体になんとなく卜術(ぼくじゅつ)的イメージがあるので、「データ(星回り)を頻繁に確認している」と表現したほうがより正確かもしれません。

ちなみに卜術というのはカードなど偶然に表れた象徴を用いて状況や運勢を見る技術のことです。

もちろん自分でダイスやタロットなど見ることもありますが、私が「めっちゃ占って」いるのは生年月日を用いる命術(めいじゅつ)のひとつ、西洋占星術。

日々の出来事など、検証材料・データ材料としての「自分自身」――これ以上のサンプルは無いからです。

2021/03/13

「西洋占星術 初級講座(全8回)」開講のお知らせ


★4/16更新しました
満席になりました。ありがとうございました。

★今回ご受講下さっているプロの画家、久永フミノさん(Twitter / HP)がブログ"Astral Voyage"にて初級講座についての記事を書いて下さいました!
出生図と講座開始日時を重ねて「この講座がフミノさんにとって、どういった講座になっていくか」といったテーマです。
私のイラストまでかわいく描いて下さってます…ありがとうございます(涙)
すでに「初級」ではないフミノさんのブログ、他の記事も素晴らしいのでぜひご覧下さいね。(2021/04/16)

********************

2021年4月~11月まで、Zoomにて「西洋占星術 初級講座(全8回)」を開講いたします。
以下5点のご案内です。

  1. オンライン開催に当たって ~「余白の場」の重要性
  2. 「初級講座」5つの特徴
  3. 各講座 具体的な内容
  4. 受講定員・受講料金のご案内
  5. お申込のご案内

2021/02/21

《ミニ》出生図から知る「それぞれの愛のかたち」


バレンタインデー月間に寄せて。
もう20年も前、教育実習(音楽)に行ったときの話です。

私が中高生の頃、音楽の時間は寝るか内職するかだったので何か工夫せねばとは思っていたのですが、最初に出された授業課題はよりによって「音楽鑑賞」。
考えた末、演奏形式(ソナタ、組曲など)の一般教養や歴史を織り込んだ上で「愛(恋愛)」をテーマに計画を立てることにしました。

2020/12/29

9ハウスについて


9室は長い間、私にとって難しいハウスでした。というのも、

外国(語学など) / 外国旅行 / 国際性 / 長距離の移動 / 貿易 / 出版 / 法律 / 高等教育(大学など) / 研究 / 思想 / 哲学 / 心理 / 宗教 / 象徴的・抽象的・形而上的思考の発達(大枠的・客観的視点) / 探究 / 冒険 / 比較する / まとめあげる / 向上(スキルアップ)する / グレードアップさせる / 理想主義的  など

といった9室の象意が、例えば職業の可能性や海外との親和性、学ぶことが好き…といったそれ以外の個人の傾向にどう影響するのか――
もっと言えば、9室が個人に及ぼす「影の部分」が具体的にどういったものなのか、よく分からなかったからです。